検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ

PICK UP

ウキ釣りで釣る


概要

主なターゲットはメジナやクロダイ
関西ではグレ、九州ではクロと呼ばれる“磯釣りの王様”メジナは口太と尾長の2種類が釣りのターゲットです。どちらも瞳の周囲に金色の円があり、その外周はブルーに覆われています。クロダイは西日本ではチヌと呼ばれています。マダイの近似種で、銀ピカの魚体が人気です。
ポイントはココ
口太メジナは、磯の際、隠れ根(沖の底にある岩や起伏)に棲息。尾長メジナも口太と同様のポイントのほか、潮流の中も好んで回遊しています。クロダイは、砂が入り混じった岩礁帯の底付近が狙い目です。
オススメシーズン
一緒に釣れる魚
マアジ、イサキ、マダイ、青物類など
オススメフィールド
堤防、港内、磯

使用タックル&仕掛け

ガン玉は、ウキの浮力に合わせるのが基本です。1点打ちより2点に分けた方が、潮乗り(流れをとらえる)が良くなります。時期によっては深場の底まで探ることがありますので、遊動仕掛けにした方が有利と言えます。
関連する糸の結び方
魚を寄せるためのコマセ作り
オキアミのブロック(通常、1枚で3kg)を砕き、配合エサ(魚の大好物が詰まっている粉末の粉。オキアミ1枚に対し、配合エサ半袋が目安)と水を加え混ぜて完成させます。水分量は、コマセがしっとりする程度に調整。柄杓ですくって投入するから、杓離れを良くするのがコツです。
エサの付け方も重要
通常はオキアミがエサ。尾羽根を切り、その切り口にハリ先を入れ、背と身の間に刺し込み、ハリの形状にそって入れます。食いが悪い時やエサ取りが多い時は頭を切って使うと効果大。クロダイはサナギやネリエも使います。

釣り方

コマセとエサの同調を考えタナを探る

ウキを使って仕掛けを自然に流して探るウキフカセ釣り。タナあるいは遊動幅を調整すれば、幅広い層を探れる万能型の釣りです。
この釣りで重要な役割を担うのがコマセ。集魚力は絶大で、撒き続けていれば魚は寄り、仕掛けと一緒に馴じませて(同調と呼ぶ)探れば、魚と出会うチャンスが倍増します。
コマセの撒き方は以下で紹介しますが、基本は1点打ち。メジナは表層から中層を中心に探り、クロダイは底付近に仕掛けを入れるのがポイントです。
コマセの撒き方
コマセは、あちこち撒くと魚を散らしてしまうので、1点集中で打ちます。潮に流されたコマセは自然と魚が溜まる場所に行き着きます。つまり仕掛けをコマセと同調させれば結果が出るのです。
同調させるベーシックな打ち方は、コマセを1杯撒いたら、次に仕掛けをその位置にキャスト。続いてもう1杯をかぶせます。コマセで仕掛けをサンドイッチするイメージです。

タナ発見法はウキ止めを調整、その日の食いダナを見つけて迎撃!

タナの発見法は、いたってシンプルです。付けたエサが食われたか、食われていないかでわかります。
イラストのようにエサが残っていたら、タナまでエサが辿り着いていません。残っている場合は、ウキ下を徐々に深くしていくとハッキリとしたタナがわかります。

潮目も探る価値アリ!!

足元で魚が食ってこない時は、沖も狙いたい。特に潮が良く流れている場合は、コマセが沖の潮目(流れの速度が変わっているエリアで、表層に筋が出る部分)や本流との合流点などに溜まり、魚がいることも考えられます。

エサ取り対策を覚えておこう

エサ取りが多い場合は、コマセを足元に集中して打ち込んで対応です。エサ取りを足元にクギ付けにしてから、本命ポイントに仕掛けを入れて勝負。ポイントに仕掛けを入れたら、コマセを素早く1杯だけかぶせるように打ち、エサ取りに気付かれないように攻めましょう。