検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ

釣具の役割と使い方

お手入れの方法

次回も快適に楽しめるようメンテナンス
海水、淡水の釣りを問わず、すべての道具は釣行後、水洗いをして汚れを落としておきましょう。
特に海釣りの場合は、釣り終了後、すぐに洗うことをオススメします。
海水を浴びた道具は、サビやすい上、潮噛みも起き、ネジやチャックが開かなくなる恐れもあるし、リールのハンドルノブなどが回らなくなることもあります。次の釣行に支障が出るので、必ず行いましょう。
また長靴や、レインウエアなど内側が濡れては困るものは、表面だけ軽く洗い流しましょう。
ロッドは、水洗いをしたのち、水分をよくふき取って陰干しをするのが基本です。汚れのひどい場所は中性洗剤で軽く洗って、水分をふき取ることをオススメします。
リールは、ベイトリールはそのまま水洗いしてOKです。スピニングリールはドラグを締めて、ドラグ側から水をかけ、水分をふき取ってから陰干ししましょう。なお、レインウエアも水洗いした後、日陰で乾した方が長持ちします。