検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ

その他に必要なもの

オモリ

仕掛けをポイントへ届けたりウキの浮力調整にも使われる
いろいろな用途があるからこそ種類が豊富にあるオモリ。シンプルなガン玉は、ウキの浮力調整などにも使われるし、あえて潮流の抵抗がかかりやすくしている舵付きタイプなどもあります。
基本的な役割は“仕掛けをタナに運ぶ”アイテムですが、個々の特徴を知って使い分けられるようになれば、いつもの釣りに幅が出ること間違いなしです。

比較的、海で使用するオモリのほうが
バリエーションが豊富!
それぞれの特徴を覚えよう

オモリを使わない釣りはないと言うくらい重要なアイテムで、その役割は多岐にわたります。オモリの一番大きな役割はハリが付いた仕掛けを狙った魚がいる層(タナ)に届けることです。淡水では仕掛けを振り込みやすくしたり、エサが急激に流れるのを抑えたりする役目も持っています。海水では仕掛けを何十メートルも沈めたり、ルアーフィッシングではルアーを動かすのに一役買ったりすることもあります。
形状は、根掛かりしにくい形だったり、水の抵抗を受けにくいタイプがあったりさまざま。ここでは川、海で良く使われるオモリを紹介します。
比較的、川、湖沼で使われるオモリ
糸オモリ
鉛を糸状にしたオモリで、必要な長さに切って使います。ハリの軸に巻いたり、棒ウキなどの下に巻いて自立ウキとして使用するのが一般的です。なおヒューズオモリは、A(アンペア)で太さを表示しています。
ガン玉
丸状のオモリの中央部に割れ目が入っているオモリです。ここに道糸やハリス、場合によってはハリにはさんで使用します。ウキの浮力調整や仕掛けをゆっくり落とすための微調整用のオモリとして使用されます。
カミツブシ(割りビシ)
ガン玉の楕円状タイプ。歯などで噛んで固定させるのでカミツブシと言われています。ガン玉同様に使うことが多いオモリです。
板オモリ
薄い板状の柔らかいオモリのことで、糸オモリ同様、必要な長さに切って使います。主に川のウキ釣りやミャク釣り、湖沼のウキ釣りに用います。
ナツメ型(中通しオモリ)
オモリ内部に糸が通せるタイプです。オモリが固定されずに動くので、魚が抵抗なくエサを捕食できるため、食い込みが良く、アタリが明確に伝わります。
海で良く使われるオモリ
・下オモリとして使われる
ナス型
小型は堤防のサビキ仕掛けやチョイ投げに使用されます。大型は投げ釣りや沖(船釣り)の胴突き仕掛けにも使われます。野菜のナスに形が似ているので、この名が付いたと言われています。
小田原型
潮に流されにくい6角設計のオモリです。主に船・ボード釣りのサビキ仕掛け、胴突き仕掛けに使用されています。号数の小さいものはチョイ投げやブッ込み釣りにも用いられています。
タイコ型
太鼓の形をしていることからこう呼ばれています。ハゼなどの小型魚に重宝される小型のみのオモリですが、海底で転がりにくい形状なので、チョイ投げやミャク釣りにも使われます。
舵付きオモリ
潮流が速い時に便利です。潮流に対して一定の方向を保つので仕掛けが安定する特徴があります。カワハギ釣りではポピュラーです。
胴突き型
船釣りの胴突き仕掛け用のオモリで、落ち込みが速くなるよう矢印型をしています。
・仕掛けの中間に使われる
中オモリ
細長いタイプが一般的で、シャクる(誘う)ことで、仕掛けにキビキビしたメリハリのある動きを演出させることができるオモリです。沖(船釣り)のアオリイカやカワハギのハワセ(たるませ)釣りになどに用いられます。仲間に、水の抵抗を受けにくい三日月オモリもあります。

ガン玉のサイズは数字から英記で表示

ガン玉は、サイズをアルファベットと数字の組み合わせで表記しています。Gは、G8→G1と数字が小さくなるにつれてサイズが大きくなります。G1よりサイズは、Bで表記されていて、こちらはB→B6と数字が大きくなるにつれてサイズが大きくなりますので、注意してください。
ガン玉重量表
6B 2.65g
5B 1.85g
4B 1.20g
3B 0.95g
2B 0.75g
B 0.55g
G1 0.40g
G2 0.31g
G3 0.25g
G4 0.20g
G5 0.16g
G6 0.12g
G7 0.09g
G8 0.07g

ハリ付きのオモリもある!

ブラクリ
ブラーをナス型風にアレンジしたオモリです。ハリが直結されているので、ゴロタ場や消波ブロックの穴などの隙間などをダイレクトに攻めるのに適しています。カサゴ、ソイ類、アイナメなどに使用されます。
ブラータイプ
形状が薄く平べったいので、落ち込み速度が遅い特性があります。上からゆっくりと落ちてくるエサに飛びつく習性のある魚に威力を発揮。アイナメ、カサゴ、ソイ類にもってこいのオモリになります。

オモリの装着方法は…

ガン玉の場合
直接ラインにはさんでもいいですが、ラインを保護するためにティッシュを巻き付けることをオススメします。しっかり締め付けましょう。
板オモリの場合
ラインに巻き付けるようにセットします。ハサミで簡単に切れる板オモリは、予め両サイドを切り台形にしておくと見栄えも良く、ハリス絡みしにくくなります。