検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ

釣りはまず投げることから

ガイド付き竿で投げる

遠くのポイントまで探れるリール竿でのキャスティング
キャスティングに用いられるリールは、スピニングリールとベイトリールの2種類があり、ロッドもそれに対応しています。
キャスティングは、それぞれでやり方が異なりますので、整理して紹介していきましょう。
最初はうまく仕掛けを飛ばせないかもしれませんが、練習すれば飛距離はグングン伸びます。用途に合わせたキャスティングを覚え、いろんな場所で楽しみましょう。
まずはスピニングリールとベイトリールの両者で用いるオーバーヘッドキャスティングから紹介します。

キャスティングの準備

オーバーヘッドキャスティングの準備

ロッドをスムーズに曲げることができれば、その反発力で仕掛けはいとも簡単に飛んで行きます。キャストに入る前は、ロッドをしっかり握って備えましょう。
スピニングリールの場合
利き手の中指と薬指の間にリールフットを挟み、しっかりホールドします。
ラインローラーをリールシートの位置に持っていき、人差し指に道糸をかけます。
ベールアームをイラストのようにオープンにして準備完了です。
ベイトリールの場合
中指から小指の手のひらでグリップを握ります。その後、親指をスプールの道糸の上に軽く乗せます。
親指で道糸を軽く押さえたまま、親指の付け根部分でクラッチを押して準備完了です。

キャスティングの方法

スピニングリールのオーバーヘッドキャスト

シングルハンド編
管理釣り場などで使用する10g以下のルアー(スプーン)や軽量な仕掛けなどをキャストするなら、利き腕だけで行うシングルハンドキャストで問題ありません。以下の注意点をしっかり読んで練習しましょう。
①構える
脇を締めて、ロッドを狙うポイントの正面に向けてほぼ水平に構えます。脇が開いているとロッドを振り上げた時にブレが生じ、結果、前方へのキャストが安定しなくなります。ロッドの軌道は常に水面に対して垂直にするのがコツで、コントロール性を上げるポイントにもなります。
②振りかぶる
ルアーや仕掛けが絡まないように肘だけを垂直に曲げ、ゆっくりロッドを振りかぶります。最初から早く動かそうとせず、慣れてきてからスピートアップを図りましょう。肩の力を抜いて、リラックスすると上手くできます。
③振りきる
ロッドを耳の後ろまで振りかぶったら、今度は腕を元の位置に素早く戻す(振り切る)作業を行います。なお、腕を戻す時は、腕の力で戻そうと(投げようと)しないで、軽く手首を返すイメージで振り抜くとロッドの弾力性も生き、ルアーや仕掛けが良く飛ぶと覚えて下さい。
④放す
ロッドが耳を通り過ぎた瞬間に、ラインを指から離すと、比較的きちんと前方へ飛んでいきます。
⑤投げた後
ルアーや仕掛けを前方へ飛ばしている時は、このくらいの位置をキープしましょう。
ダブルハンドでのオーバーヘッドキャスト
投げ竿など長めロッドでキャストする場合は、ブレが少なく安定した仕掛け投入ができるダブルハンドキャストをオススメします。
基本的にやり方はシングルと同じですが、こちらは①構えの段階から利き腕の逆手でリアグリップを握り、②フォワードキャスト時にリアグリップを鋭く引くのがポイントになります。こうすることでロッドにスピードが増し、さらに飛距離が伸びるようになります。
タラシの長さ目安
穂先から仕掛けまでの距離をタラシと呼び、長さの調整は、キャストするルアーや仕掛けの重さ、風向きで調整します。ちなみにタラシの長さは、10cm位が短めのミニマム。長めは70~80cm程度までとなっています。
フェザリング(サミング)も覚えておこう
人指し指を軽くスプールにあてて、放出したラインの出方を調整するのがフェザリング(親指で抑える場合はサミングという)と呼ぶテクニックになります。仕掛けがポイントより飛びすぎた場合や着水時の糸フケを防止するのに使用します。

ベイトリールの
オーバーヘッドキャスト

リリースするまで下記にあるサミングの状態を保ち、ラインをしっかり止めておことが重要となります。リリースの瞬間にクラッチを切ると、軌道がブレて、コントロールを失うので絶対に行わないようにしましょう。ちなみに構えとリリースのタイミングはスピニングリールと同じです。なお、リールを内側に構えると、断然、投げやすくなるので覚えておきましょう。
①から④まではサミングで、しっかりスプールをホールド。④でサミングを解除。⑤着水と同時にサミングを行う。
ベイトリールのサミングは…
リールのクラッチを切った状態で、軽くスプールの上に親指を乗せます。
リリースするまではこの状態をキープし、スプールの回転を押さえます。またルアーや仕掛けが着水したと同時にこの状態に再度、戻します。
リリース中はこの状態でスプールの回転を止めないようにします。

本格的な投げ釣りの
オーバーヘッドスローもマスター!!

仕掛けを遠投すればするほど広範囲が探れ、魚との出会いが多くなる投げ釣り。正しいキャスティングを覚えれば、自分が思っている以上に飛距離が出るので、ここできちんと覚えましょう。
飛距離優先設計の投げ釣り専用竿は、ノーマルロッドより長めに作られていて、4m以上ある竿も珍しくはありません。キャストする時は、まずは周りに注意することを大前提に考えましょう。
投げ方は、基本的にはスピニングリールのダブルハンドと同じですが、仕掛けが重く、水面に対して垂直に振りかぶったとしても、ブレが生じます。イラストの通りに投げて、ブレをなくしましょう。
構え
通常のスピニングリール同様、オープンベールで糸を人差し指でつかみ、その後、ロッドを後方に持っていき、狙うポイントの方向に向き初めから振りかぶった状態で構えます。オモリを吊下げず、ラインをピンと張ったまま地面につけて安定させておくのがポイントです。
目線は目標を見で、リアグリップを持つ手を額の位置に持って行き、リールを持つ手は後頭部の位置に置くのが基本形です。
オモリがロッドに徐々に乗るのを確認しながらリアグリップを鋭く引き込みつつ、リールを持つ手を前方へ送り出します。
キャストの軌道が頭のてっぺんを通るようにフォワードキャストします。
ロッドに最も重みを感じた時が、リリースのタイミング。仕掛けの行方を確認して着水とともに、フェザリング(サミング)して糸フケを抑えます。その後は、フェザリングを解除して、海底まで仕掛けを落としましょう。
上達のポイント
思いきり投げようとせず、まずは7~8割程度の力でキャストして、狙ったポイントへ真っすぐ飛ばすことを心掛けましょう。回数を重ねながら、慣れてきたらフルキャストに挑みましょう。

沖(船釣り)のキャスティングは
アンダーハンドが基本

船釣りは隣のアングラーとの距離も狭く、振りかぶるスペースもありません。船上では自分の釣り座の前で行う「アンダーハンドキャスト」がアングラーのマナーとなります。
チョイ投げの場合は、通常の仕掛け投入同様、スピニングリールのラインを利き手(指)でつかみ、もう一方の手で仕掛けの天ビンを持ち、イラストのように船べりから乗りだすように構えて準備します。後はロッドを持ち上げると同時にテンビン持つ指を放すだけで振り子の要領で前方へ飛んでいきます。
大型のルアーなどを投げる場合は…
ダブルハンドのオーバーヘッドキャストの真逆を行います。船べりギリギリまで引き、その後、リアグリップを鋭く引くようにして穂先を前方に弾き、ルアーをキャストしましょう。